明治から昭和の長崎の街並み、文化、人々などを写し出した親しみのある絵葉書から古き良き時代の長崎が感じられます。

人の手で一枚一枚、彩色され、実際よりはカラフルになっているものが多くあり、当時の人の心に感じられた長崎の街が、自然な姿の被写体と彩色でステキに表現されています。その当時の人の心の豊かさがあふれているかのようです。

「ながさき」といえば、あまりにも悲しい歴史が思い起こされますが、かつて多くの外国人も日本人も一緒に平和に楽しく過ごしていました。

長崎を訪れ、長崎の美しさに魅了された異国の人が絵葉書を故郷に持ち帰った事から、世界的に「美しい街、長崎」と有名になったそうです。

子供の頃聞いた昔の長崎の話などが懐かしく思い起こされますが、この絵葉書の当時の話をできる人は殆どいなくなりました。

「当時の長崎の美しい街並みと、人のあたたかい心 」 

 

変わりつつある長崎の街ですが、目を閉じるといろんな事がよみがえってきます。

私たちが後世に伝えていかなくてはならない何かが、これらの絵葉書から伝わってくるような気もします。

一枚一枚の絵葉書の彩色が違うように、みんなの個性を集めてこれからの美しい街「長崎」をつくり上げていけるといいなと思います。

長崎に住んでいる人も、離れて住んでいる人も、長崎の街を愛する気持ちはみんな一緒だろうと思います。

昔の長崎をカラーで表現した貴重な古写真を見ながら、当時の長崎へタイムスリップして心の癒しになればいいなと思います。

 

                         ー長崎手彩色絵葉書ー​