明治 32 年(1899 年) 2 月 13 日
 - 民間が製造した私製葉書を、外国郵便に使用することを認められた  

明治 33 年(1900 年) 9 月 17 日 
 - 私製葉書の様式を告示
   はがきの住所、宛名を記載する表面に通信文を書いてはいけなかった

明治 38 年(1905 年) 7 月 22 日 
 - 私製葉書に記載する「郵便葉書」の表記は外国語表示でも可能となる

明治 40 年(1907 年) 3 月 28 日
 - 絵葉書表面下方3分の1以内に通信文を認める

大正 7 年(1918 年) 3 月 1 日 
 - 絵葉書表面通信文部分を 2 分の 1 に拡大

昭和 8 年(1933 年) 2 月 15 日 
 - 葉書上部「はかき」の表示を「はがき」に変更


 (参考図書)
  郵便創業 120 年の歴史 
  郵政省郵務局郵便事業史編纂室
  出版社: ぎょうせい (1991 年 12 月)